スピリチュアルって何?

 

みなさんは、スピリチュアルってご存知ですか?

 

近年、スピリチュアルと言う言葉を聞く様になってきました。

 

意味は、英語で「霊的」と言う事で、目に見えない世界の事を指している言葉です。

 

霊と言うと、なんだかお化けとか幽霊とか思いますが、もっと神秘的な意味で、魂、霊体、幽体等、人が死んだら肉体を失います。

 

そうなった時の状態の事を指しているのです。

 

昔は、そんな非科学的な事は信じられない方が多かったのですが、そんな方達も興味を示す様な時代になってきた感じがしますよね。

 

世界中で、スピリチュアルと言う事が受け入れられてきたせいなのか、健康についての定義が肉体的な物から、肉体と精神的な物と言う定義に変わりつつ、プラスしてスピリチュアルの健康も考えられる様になってきました。

 

こう説いていくと、スピリチュアルってなんか宗教的なんじゃないかって思われがちですよね。

 

しかし、そんな狭い意味ではないのです。

 

宗教を越えて、精神的な豊かさを持ち合わせ、自分の霊性、スピリチュアルを輝かせていって、自分や周りのエネルギーまでも高めていく、そんな意味を持っている気がしませんか。

 

今の時代、自分一人で生きている感じの人が多い様に思えるのですが、スピリチュアルを高めていく事で生きているのではなく、生かされている事の意味を知っているのだと思うのです。

 

今の時代、神秘的だったスピリチュアルも、グッと身近な存在になってきています。

 

だからこそ、胡散臭いと感じる人も少なくないのですが、考え方そのものは、とても神秘的で不思議で尊い物だと思います。

 

身近になったスピリチュアル

 

みなさんは、身近になったスピリチュアルをどのように思っていますか?

 

一時期、スピリチュアルがブームを巻き起こしました。

 

そのせいか関係ないと思っていた人にまで、今は違和感を感じずに、スッと受け入れている人が増えてきた感じがするのです。

 

多分、雑誌やテレビで、いろいろ特集が組まれたりしたからではないでしょうか。

 

スピリチュアルとは、霊的な世界と言う意味を持っていますが、ゴスペルの様な霊的な歌と言う意味でも、使われる事があるそうです。

 

でも、日本で感じられているスピリチュアルって、そういう意味とはまた違い、霊的な世界、前世、神秘的、不思議、そんな目に見えない世界の事全般を意味しているのです。

 

日本でも、昔からスピリチュアル的な物があったんだと思います。

 

しかし、現代ではあまり受け入れられていなかった事で、そんな広い意味で理解されてきたのかもしれませんよね。

 

そんなスピリチュアルが身近になった影響には「癒し」「ヒーリング」「占い」「前世」「アロマ」「ヨガ」等が、ブームになった事と少しは関連しているかもしれません。

 

癒しを求めていることは、スピリチュアルな世界を求めているのかもしれませんね。

 

それらを通じて、自分達や周りの意識が向上したり、健康的になったり、考え方が変わったり、生き方そのものが変わったりしているのでしょう。

 

求めすぎて、悪質な事に引っ掛かってしまう可能性もあるので注意が必要になりますが、そこまでじゃなくても、はまりすぎない程度に生活に取り入れれば、良いんじゃないかと思います。

 

それが、スピリチュアルを身近にした理由なのではないでしょうか。