楽天銀行のおまとめローン審査の口コミはどう?

楽天銀行にはおまとめローンに使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

楽天銀行などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで貸金業からの返済にだけ利用することができます。

楽天銀行のカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的な楽天銀行のおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

派遣で働いている場合月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

楽天銀行でおまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

楽天銀行のおまとめローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と楽天銀行のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、楽天銀行は6.3%から17.8%(楽天銀行おまとめローン)となっています。

楽天銀行のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

派遣社員が楽天銀行でおまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

派遣で働いている場合月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

楽天銀行にはおまとめローン専用の楽天銀行おまとめローンというキャッシングローンがあります。

楽天銀行カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが楽天銀行は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

と言うのも、楽天銀行のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが楽天銀行のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが楽天銀行のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめは楽天銀行と比べた場合、低金利で高額融資なのですが楽天銀行の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、楽天銀行は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

引用:楽天銀行おまとめローン審査の口コミは?【申し込みの条件と流れ】

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、楽天銀行の派遣社員のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには楽天銀行と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが楽天銀行でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが楽天銀行の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

楽天銀行よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次の派遣の場合おまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、派遣社員や契約社員、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。