住宅ローン借換と貯金の関係は?

住宅ローンを返済している間は借入金の返済が最優先であると言われます。
しかし、現在のような低金利下であると、いざという時のために貯金をすることも一つの選択肢です。
住宅ローンの借換をすることで、資金の余剰ができる場合が多いので、この余剰資金を毎月の貯金の原資とするのです。
こうすることで、住宅ローンの返済が急に厳しくなった場合であっても対処が可能ですし、子供の学費などが必要になった場合の対処にもなります。
金融雑誌などを読むと、このようなアドバイスが出ていることはほとんどありませんが、これらの雑誌は最大公約数的な記事しか載せないためです。
自分の危機回避は自分でしかできません。
転ばぬ先の杖と言いますが、繰り上げ返済をしないことも一つの選択なのです。
総量規制で住宅ローン審査通らない?他のローン!【借り入れできない?】