ペットの力で景気回復を狙っているようですね。今後の日本経済を活性化していくのではないかとも言います。そうしたことを受けて日本では、ペット産業がまだまだ景気回復に繋がると言う予想があります。あなたは、どう思いますか!?

ペット先進国であるアメリカがあります。またフランスもそうです。これらの国と我が日本とで比較してみましょう。するとペットを飼っている人は、アメリカで6割ほどです。更にフランスでは、5割強ほどです。そして我が日本では5割弱と言った感じですね。そんなことで日本もペット先進国になろうとしています。(笑顔)フランスでは、10割と言うことです。これで分かるようにペットにも寛大ですよね。それに対して、日本は1割にも満たないと言う結果が出ています。(汗)この点から見るとペット入居可の賃貸物件を沢山作ると言うビジネスが必要ですよね。そうすることで、より活性化されることに繋がると思います。そんな所も多かったみたいですね。

しかし、今は人間が犬のために何かしたいと思うような時代になっています。簡単に言うと、犬の立場は与える側から受け取る側へと変わってきています。(笑顔)人間が犬に何かを与えようとすると、そこに景気の回復が見えてくるようになると思います。

例えばペット保険もそうですね。ペットが病気になるとお金がかかります。ですから、なるべく行きたくないけど、保険に入っているなら使わないと損だと思います。そんなことで病院に行ってペットも治してもらうと言うことになります。また今までペットがいるから行けなかった旅行もあります。(笑顔)このような事から、お金が徐々に動くようになってきます。今後の日本経済も徐々に活性化してくるようになると思います。これからも、こうしたペット産業はどんどん出てくると思います。是非ともこうした活動に加わってみてはどうでしょう!?

関連ページ